高血圧の人が有酸素運動で得られるメリットとおすすめの種類

「高血圧気味だから運動をはじめたい!」
「有酸素運動をすることで、高血圧の人にどんなメリットがあるの?」

心肺機能を高め、取り組む時間によっては脂肪燃焼効果も期待できる有酸素運動。
ハードな筋力トレーニングと違って、誰にでも行うことが出来る手軽さも魅力のひとつですよね。
適切な有酸素運動は高血圧の人にも嬉しいメリットが得られますよ!

この記事では有酸素運動についておさらいしつつ、期待できるメリットやおすすめの種類についてご紹介します。

有酸素運動の概要


具体的に有酸素運動はどのような運動なのかを解説します。

有酸素運動には次の種目が代表的なものとして挙げられます。

– ウォーキング
– 除銀
– エアロビクス
– サイクリング
– 水泳

特徴は次の通りです。

– 長時間継続して行う運動
– 強度は軽~中級程度
– 体脂肪が燃料になる

有酸素運動の適切な強度を説明するのに「隣の人と会話ができる程度」という表現がよく用いられます。
強度が高くなると無酸素運動に近くなり、筋トレの要素が強くなります。

一定の時間身体を動かすことで脂肪をエネルギーにして消費するだけでなく、全身の血行を良くしてくれます。
トレーニング前に軽い有酸素運動をすれば、身体が温まってケガ防止にも繋がりますよ!

また、心臓や肺、気管などの呼吸筋を鍛えられるメリットがあります。
呼吸筋を鍛えて心肺機能をアップすると、持久力が付いて疲れにくくなることや、心臓の働きによって血液が身体に行き渡るため、冷え症の改善にも効果が期待出来ますよ!

高血圧の人が有酸素運動で得られるメリット


高血圧の人は、有酸素運動に取り組むことで次のことが期待できます。

– 動脈硬化のリスク軽減
– 高血圧リスクの高い肥満の予防
– 内臓脂肪の減少

有酸素運動のエネルギー源は体脂肪です。
動脈硬化に影響を与える内臓脂肪もこの有酸素運動のエネルギーに含まれます。

また、定期的に有酸素運動を行うことで身体が温まり代謝が高くなることで、脂肪が燃えやすい身体を作ることが出来ますよ!

重度の高血圧の人は運動の強度に気を付けましょう

運動の強度が高すぎると、血圧がかえって上昇する原因になってしまう場合があります。
運動を始める前に、必ずかかりつけ医に相談しておきましょう。

おすすめの種類

ここからは、おすすめの有酸素運動の種類とその特徴をご紹介します。
雨の日にも取り組めるものもあるので、是非ご自身のライフスタイルにあったものを選びましょう!

ウォーキング


コストをかけずに行える有酸素運動の代表格ともいえる種目です。
それぞれの生活スタイルにもよりますが、おすすめの時間帯は朝です。

朝食を摂る前の空腹状態で行うことで、蓄積されたエネルギーを燃焼してくれる効果が期待できますよ!

サイクリング


軽い下半身トレーニングにもおすすめのサイクリングも高血圧対策に有効な有酸素運動です。
周りの景色を楽しむぐらいの余裕が持てるスピードで漕ぐようにしましょう。

軽いエクササイズ程度ならば、本格的なスポーツバイクではなく一般的なママチャリタイプの自転車でも運動できるので、意外とコストがかからないのもサイクリングのメリットです。

もちろん、ルームバイクがある人は自宅でサイクリングもおすすめです。
ルームバイクのほとんどが心拍数や消費カロリー・経過時間を測定できるので健康管理にも便利ですよね。

ラジオ体操


意外に思われるかもしれませんが、ラジオ体操はストレッチだけではなく有酸素運動の要素も持ちます。

全身運動なので、運動不足気味の方にはもってこいのエクササイズです。
学生時代にやったことがある方も、一度きちんと第一体操を最初から最後まで行ってみましょう。

しっかりと身体を動かしてみると意外と身体が使われている感覚を覚えるはずです。
畳一畳分のスペースで行うことが出来るので、天気にも左右されないのもラジオ体操の魅力のひとつです。

[テレビ体操] ラジオ体操第1 | NHK
https://www.youtube.com/watch?v=feSVtC1BSeQ

まとめ


いかがでしたでしょうか?
最後のこの記事のおさらいです!

– 心肺機能を高め、取り組む時間にとっては脂肪燃焼効果も期待できる
– 高血圧の人が適度な有酸素運動に取り組むことで高血圧のリスクを軽減につながることが期待できる
– 有酸素運動は脂肪をエネルギーにするので、動脈硬化や肥満のリスクを軽減することが出来る
– ウォーキングやサイクリングは比較的にコストを抑えて取り組むことが出来る
– ラジオ体操は転機に左右されず、ストレッチと有酸素運動が行えるのでおすすめ

高血圧の人にとって適度な有酸素運動は、得られるメリットの大きい運動であることを解説しました。
是非、ご自身に合う有酸素運動に取り組んでみて習慣にしてくださいね。

投稿者:

血圧さん

平成に栄養士免許を取得。来年から人間ドックデビューの夫と2人暮らし。高血圧気味の夫との食事や運動について綴ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。