【高血圧予防におすすめの食材】キャベツの血圧への効果や調理法の注意点

「高血圧予防のためにおすすめの食材を知りたい!」
「野菜はサプリメントではないので、加熱や水に栄養が逃げてしまうのでは?なるべく栄養を逃さないキャベツの調理方法は?」

キャベツはどこのスーパーやコンビニでも手に入る身近な野菜です。
食物線維やビタミンCが豊富なキャベツは高血圧にもよい働きをしてくれますよ!
この記事ではキャベツを食べることによる血圧へのメリットや、栄養を逃しにくい調理方法についてご紹介します。

キャベツが与える血圧へのメリット


血圧への主なメリットは次の通りです。

ナトリウムを排出して血圧を下げる

キャベツにはカリウムが豊富に含まれています。
生のキャベツの葉2枚分相当の130gにはカリウムは270mg含まれており、キャベツは野菜の中でもカリウムの量は多め。

カリウムは余分なナトリウムを排出してくれる効果があり、高血圧の予防にはおすすめのミネラルです。
特に日本食には塩分が多く含まれており、摂取するナトリウム量も外国に比べて多い傾向があります。
そのため、野菜や果物で普段からカリウムを積極的に摂る必要があります。

間食にはカリウムが豊富なバナナもおすすめです。
こちらの記事でも詳しくご紹介しているので是非チェックしてみてくださいね。

高血圧の対策にバナナがおすすめの理由

※腎臓の機能が弱まっている方や医師から指導を受けている人は摂取するカリウムの量に制限がある場合がありますので、注意しましょう。

血糖値を下げる

血圧が気になる人は血糖値の上昇についても気をつける必要がありますよ!
血糖値が高くなっている状態では血液内の浸透圧に影響があるため、血圧が上がりやすくなります。

血圧が気になる人も、食べる順番を変えて血糖値の影響が最小限になるように心がけることが大切です。

そこで、食事ではキャベツを先に食べることでも対策が出来ますよ!

キャベツに食物線維が豊富に含まれています。
食物線維は糖質に比べると消化のペースがゆっくりである特徴があるため、先に食物線維が豊富な食材を食べて糖質を後に摂ることで、順次消化されるために血圧の急上昇を防ぐことができます。

それによって、血糖値の急上昇による血管内のダメージを防ぐことが出来るため血圧対策にも有効で、動脈硬化の予防にも期待出来ます。

調理法の注意点


ここからは、キャベツの栄養を無駄にすることなく摂取するために知っておきたい、調理の注意点についてご紹介します。

生食がおすすめ


キャベツに含まれる栄養素は熱に弱い特徴があります。
そのため、茹でたり炒めたりする調理方法では成分が溶け出してしまうので、なるべく生で食べるのがおすすめです。

生で食べるときは切ってから水さらしをすると、成分が流出するので、水で洗ってから切ると損出を最低限に留めることが出来ますよ!

キャベツにはビタミンたっぷり!意外なアレに効く栄養と効能

加熱する場合は汁ごと味わえるものを

キャベツの生食は栄養の損出が少ないとはいえ、生で食べるとボリュームがありますよね。
加熱調理するときは、溶け出した栄養素をまるごと摂ることが出来る汁物もおすすめです。

味噌汁やシチュー、スープなどのレシピを試してみましょう!

まとめ


いかがでしたでしょうか?
最後にこの記事のおさらいです!

– キャベツにはカリウムが豊富に含まれている
– カリウムはナトリウムを排出して血圧を下げる
– 日本食は特に塩分が高いので日本人は特にカリウムを積極的に摂る必要がある
– キャベツは血糖値を下げる働きがある
– キャベツに豊富に含まれる食物線維は消化ペースがゆっくりであり、最初にキャベツを食べてから糖質の多いものを摂ると、血糖値の急上昇を防ぐことに期待出来る
– キャベツに含まれる栄養素は熱に弱いものが多いので生食がおすすめ
– 加熱料理の場合は汁ごと摂れる料理を選ぶと無駄が少ない

高血圧対策は身近な食材の栄養を摂ることや、食べ方の順番を工夫することでも出来ますよ!
是非、キャベツを積極的に摂って高血圧予防にお役立てください。

高血圧の人は納豆を食べて良いの?絶対に食べてはいけない人とは

「納豆を食べると血圧がサラサラになるんじゃないの?」
「高血圧の人が納豆を食べると危険なのは何で?」

カリウムが豊富でたんぱく質も摂れる納豆は、血圧が気になる人だけでなく健康を意識して積極的に食べている人が多いのではないでしょうか。

しかし、高血圧の人で医師からを処方されている人は納豆に注意しなければなりません。
処方されている薬によっては、納豆が禁忌である場合もありますよ!

この記事では納豆を食べるメリットをご紹介しながら、絶対に納豆を食べてはいけない人とはどんな人なのかについて解説します。

納豆を食べる基本的なメリット


納豆は「畑の肉」とも言われる大豆を原料にした伝統的な日本の食べ物です。
特有の匂いと食感が好きな人も多く、多くの食卓で朝食の定番になっているのではないでしょうか。

納豆を食べる基本的なメリットには次のものがあります。

– 大豆イソフラボンが豊富
– 納豆菌が腸内環境を整える
– 植物性たんぱく質を摂取出来る
– 食物線維が多い
– カリウムや大豆イソフラボンが含まれている
– 大豆製品のメリットである、血圧や血中脂質の低下にも効果があるというデータがある

それだけでなく、加工食品にもかかわらず栄養成分の損失が少ないのも納豆の魅力のひとつ。
また、普段から納豆を食べる人は食べない人に比べて循環器疾患による死亡リスクが低いという報告もあるようです。

高血圧の予防や、一日の栄養バランスを整えるためにもメリットの多い食品であることがわかります。

納豆を食べてはいけない人とは


納豆を摂る一般的なメリットについて解説してきましたが、ここからは納豆を絶対に食べてはいけない人はどのような人なのかを解説します。

大豆アレルギーの人が納豆を控える必要があるのは勿論、心臓疾患の患者によく処方される薬のワーファリン(ワルファリン)は納豆が禁忌として医師や薬剤師から説明を受けている場合があります。

したがって、ワーファリンを処方されている人を食べてはいけません。

ワーファリン(ワルファリン)は血液凝固剤として使用されている薬です。
薬の作用によって血をサラサラにして血栓が作られるのを防ぐ効果があります。
主に心筋梗塞などの治療や予防に使われているメジャーな薬です。

ワーファリンはビタミンKの働きによって効果が阻害されてしまいます。
納豆に含まれる納豆菌は私たちの腸内で非常に多くのビタミンKを生成します。

ワーファリンを処方されていない人にとって、ビタミンKはカルシウムの骨への吸収をサポートしてくれたり、良い働きをしてくれるものですが、ワーファリンを服用している人は最悪の場合死に至るほど危険であることを覚えておかなければなりません。

納豆自体のビタミンKの含有量はそれほど多くはないのですが、納豆菌が腸内で生成する量が多い特徴があります。

納豆はワーファリンの処方がされていない人が高血圧の予防や対策に食べることはおすすめですが、禁忌とされている場合は絶対に食べないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
最後にこの記事のおさらいです!

– 高血圧の人で医師からを処方されている人は納豆を食べてはいけない場合がある
– 納豆は基本的には栄養が豊富でメリットの多い食材
– 加工食品でありながら、大豆イソフラボンやたんぱく質、食物線維やカリウムなどのミネラルの損失が低いのも納豆の魅力
– 心臓疾患の患者によく処方される薬のワーファリン(ワルファリン)は納豆が禁忌とされている
– ビタミンKの働きによってワーファリンの効果が阻害されてしまう
– ワーフアリンを服用している人が納豆を食べてしまうと、腸内で納豆菌がビタミンKを多く生成することから重篤な状態になるほどの危険がある
– 納豆自体のビタミンKの含有量は少ないが、腸内で納豆菌が作るビタミンKの量がワーファリンの働きを阻害して重篤な状態になるほどの危険があるほどである
– 納豆が禁忌とされている人は絶対に食べてはいけない

ご飯のおともにとしても欠かせない納豆は、基本的には食べるメリットの多い食品ですが、食べると重篤な状態になる危険がある人もいます。
メリットだけでなく、注意するべきポイントを押さえておきましょう。

高血圧の予防には適度な運動もおすすめです。
こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

高血圧の人が有酸素運動で得られるメリットとおすすめの種類

イライラと血圧が高くなる?高血圧との関係について

「イライラすると高血圧になるって本当?」
「環境の変化などストレスを感じることが多くなってくると、血圧は高くなるの?」

ストレスと血圧は根深い関係にあります。
環境の変化や気候の変化といった要因でもストレスを感じて、血圧に影響が出る場合もありますよ!
その中でもイライラの感情は高血圧の人にとっては特に気をつける必要があります。

この記事ではストレスと血圧についておさらいしながら、イライラと高血圧の関係や対策方法についてご紹介します。

ストレスが血圧に与える影響


ストレスは誰にでもあるものですが、長い期間にわたって強いストレスがかかると心身にダメージを与えます。
ストレスを感じるとそれに反応して自律神経のうちの交感神経が刺激されます。
交感神経の働きが活発になると、興奮状態になり、血管が収縮するので血圧が上がります。

また、血液を固まらせるホルモンも副腎から分泌されるので血が滞りやすくなり、血栓もできやすくなるリスクも高くなりますよ!
血流に障害が起こることで倦怠感や頭痛の原因にもなりかねません。
これらの不調がある場合は、心身のSOSである可能性も疑いましょう。

高血圧の人は特に、脳卒中や心筋梗塞が起こりやすくなるのでストレスの蓄積に注意する必要があります。

ストレスが原因の血圧を改善する3つの方法【血圧下げる】

イライラと高血圧の関係


怒りの感情は血圧に大きな影響を与えます。
高血圧でない人も、イライラしているときは20~30mmHgほど血圧が上昇するとも言われています。

一時的なものであっても、一日に何度もイライラするタイミングがあると、前述の通り、血液がドロドロした状態になって血栓が出来るリスクや動脈硬化を招きやすい状態になる危険があります。
血圧の気になる人でなくても、できるだけ血圧の上昇は避けたいものですよね。

アンガーマネジメントも血圧上昇を避けるのに有効


怒りの感情で、健康面に影響が出ては勿体ないですよね。
そもそも、怒りの感情に至る原因を紐解き、感情の扱い方を知るとイライラを回避することができます。

アンガーマネジメントとは、怒りと向き合うための心理トレーニングです。
怒リの感情を我慢するトレーニングではなく、不要な怒りの感情を見極めて内省し、必要な怒りを適正な形でアウトプットすることも練習によって可能になるようです。

トレーニングの中で怒りの感情を数値化して、客観的に自分の心の状態を捉える工程もあります。
イライラの感情を細かく分解していくと、怒りが治まる場合もありますよ!

【アンガーマネジメント①】怒りで失敗しないために今最も必要なスキル

ストレスフルな環境で、ついついイライラしてしまいがちな人は是非チェックしてみてくださいね!

乳酸がイライラを解消してくれる?


運動中に溜まると疲労感が出やすくなったり、悪者にされがちな乳酸。
しかし、乳酸は脳の神経に作用して不安を緩和してメンタルにも働きかけます。

乳酸が大量に発生するようなハードな筋力トレーニングはケアや体力面でハードルが高いのですが、適度な運動によって気分転換やストレス解消にも繋がることが科学的にも証明されています。

こちらの記事でも運動と高血圧対策について紹介していますので是非チェックしてみてくださいね。

【高血圧の人の有酸素運動】効果を高めるポイントを3つ紹介

まとめ


いかがでしたでしょうか?
最後にこの記事のおさらいです!

– 血圧が上がる要因のひとつにストレスがある
– ストレスを感じるとそれに反応して自律神経のうちの交感神経が刺激される
– 交感神経の働きが活発になることで、血管の収縮が起きて血栓もできやすくなる
– 血流の不調で倦怠感や頭痛といった心身のSOSが現れる場合がある
– 血圧が標準の人でもイライラしていると血圧が20~30 mmHgほど上昇すると言われている
– アンガーマネジメントで怒りの感情を客観的に捉えて感情の処理の仕方をトレーニングすることで、イライラを落ち着けて血管の状態を保つことに繋がる
– 悪者にされがちな乳酸も脳の神経に働きかけ、メンタルに作用するので適度な運動も効果的

生きている以上、ストレスを感じることはある程度仕方のないものです。
イライラしてしまったときに、怒りの感情との付き合い方を知っているだけでも、血圧を高くしてしまうことから上手に避けることができますよ!

運動や、気持ちの持ち方を学ぶことも血圧の安定のために大切なことなので是非出来ることからトライしてみてくださいね。

甘いものが原因で高血圧になる?砂糖と血圧について

「高血圧対策は減塩だけではなく甘いものも気をつける必要があるの?」
「甘いものと高血圧はどんな関係があるの?」

高血圧の対策と言えば、塩分を抑える「減塩」のイメージがありますよね。
しかし、塩分だけでなく、砂糖の摂りすぎにも気をつける必要もありますよ!

砂糖をはじめ、糖分を摂りすぎると糖尿病の発症リスクが高くなります。
高血圧と糖尿病のどちらも血管に関わる疾病です。

糖尿病にかかっている人は高血圧の人が多い傾向もありますよ!

この記事では砂糖と血圧の関係について解説しながら、高血圧の人が甘いものを食べるときの注意点をご紹介します。

血圧と砂糖の関係


砂糖がたくさん入ったお菓子などの糖質の多いものを食べると、血液中のブドウ糖の量を表す血糖値が高くなります。
血糖値が高い状態の血管はドロドロとした形状の血液が流れています。

血液がドロドロしている状態になると、血液に栄養や酸素を身体の隅々にスムーズに送るために、身体は血液をサラサラにしようと水分を多く送り込んで血液量が増えます。
その結果血圧は高くなってしまいますよ!

また、高血圧は血管にダメージを与えます。
砂糖の入った血糖値の高い食べ物が原因で血糖値や血圧が上がり、血管がもろくなると動脈硬化になりやすくなります。

そのため、高血圧の人は塩分だけでなく血糖値の上昇にも気をつける必要があります。

もし甘いものを食べたくなったら、カリウムや食物線維の豊富なバナナをお菓子の代わりに代わりに食べることもおすすめです。
甘いものを食べたくなるときはストレスを感じているタイミングという場合もありますよね。

バナナに含まれるGABAには興奮状態を抑える働きがあり、抗ストレスや血圧の降下も期待出来ます。
1本食べると満足感もあるので、バナナは空腹や甘いものを食べたい!という衝撃的で一時的な食欲も収めてくれる優秀なおやつです。

こちらの記事でも詳しく解説していますので、是非チェックしてみてくださいね!

高血圧の対策にバナナがおすすめの理由

高血圧の人が甘いものを食べるときの注意点


高血圧の人が甘いものを食べる時は次のことに気をつけましょう。

– 間食は多くても1日200kcalまで
– フルーツや甘いものは小分けに
– カロリーだけでなく糖質量もチェックしよう
– 飲物に含まれている糖質にも気をつけて
– 糖分に隠れた塩分を見逃さないように

間食はあくまで3回の食事で摂れない栄養を補うための食事という位置づけです。
甘いものはカロリーが高く、ついついカロリーオーバーになりがちなのでカロリーや糖質量を必ずチェックして食べ過ぎに気をつけましょう。

目安として、おやつのカロリーは1日の合計で最大200kcalとして、合計量を管理しておきましょう。

ジュースやスポーツドリンクにも糖質が多く含まれている傾向があるので、パッケージに記載されている栄養成分にも注目してみてくださいね!

また、栄養補給の点ではたんぱく質やビタミン・ミネラルを補える食事がおすすめです。
特にたんぱく質は血管や内臓、筋肉をはじめ、身体のありとあらゆる部分を作るための材料として働くので、不足のないように摂取する必要があります。

そうとは言っても、なかなか甘いものでたんぱく質を補うことは難しいですよね。

最近では豆腐をスイーツにアレンジしたお菓子も多く存在します。
豆腐は大豆が原料なので、たんぱく質やマグネシウムも含まれています。
また、植物性たんぱく質はゆっくりと身体に吸収される特徴もあるので、腹持ちが良いのも嬉しいポイントですよね。

【豆腐感ゼロ】痩せる!濃厚なお豆腐チョコムース【豆腐スイーツ/低糖質スイーツ】

たんぱく質を摂れる間食として、

– プロテイン
– チーズ
– ヨーグルト
– 豆乳ドリンク
– 豆腐スイーツ

などもおすすめです。

甘塩っぱいお菓子は塩分を感じにくい傾向があります。
しょっぱさをそんなに感じなくても、塩分が高い場合があるので味付けにも目を向けましょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか?
最後にこの記事のおさらいです!

– 砂糖がたくさん入ったお菓子などの糖質の多いものを食べると、血液中のブドウ糖の量を表す血糖値が高くなる
– 血糖値が高くなると、血液に栄養や酸素を身体の隅々にスムーズに送るために、身体は血液をサラサラにしようと水分を多く送り込んで血液量が増えてその結果、血圧が高くなる
– 砂糖の入った血糖値の高い食べ物が原因で血糖値や血圧が上がり、血管がもろくなると動脈硬化になりやすくなる
– どうしても甘いものを食べたい!というときはバナナを代わりに食べるのもおすすめ
– 高血圧の人の間食ではカロリーだけでなく糖質量をチェックする必要がある
– 間食ではたんぱく質やビタミン・ミネラルを補えるものが理想的
– 豆腐を原料にしたスイーツはたんぱく質やマグネシウムを補うことができる
– 甘塩っぱいお菓子はしょっぱさをそんなに感じなくても、塩分が高い傾向があるので味付けにも気をつける必要がある

甘いものが好きな人にとっては、塩分や糖分の制限は辛いものですよね。
一気に辞めるのではなく、ルールを決めたり、原料や成分をチェックして自分に合うものを取入れることで食事制限が続けやすくなる場合があります。

是非、知識量ややり方を増やして取り組んでみてくださいね!

高血圧の人は炭酸水を飲んでも良いの?気をつけるべきポイントについてご紹介

「炭酸水は高血圧に効くと聞いたことがあるけれど本当?」
「かえって血圧が高くなるとも言われているし、メリットがあると言っている人もいるんだけど、結局どちらが正しいの?」

ダイエット目的の人が空腹を満たしたり、美容にもメリットがあり、コンビニやスーパーでも手に入れられるので炭酸水はますます人気が高まっています。

しかし、高血圧の人の場合は炭酸水を飲む場合、成分や飲み方に注意が必要です。
この記事では、高血圧の人が炭酸水を飲むときの注意点や選び方のポイントについてご紹介します。

また、高血圧のリスクの高い肥満が気になる人は、有酸素運動もおすすめです。
こちらの記事でも有酸素運動について解説しているので是非チェックしてみてくださいね。

高血圧の人が有酸素運動で得られるメリットとおすすめの種類

炭酸水を飲む基本的なメリット


一般的に、炭酸水を飲むことで次のようなメリットがあると言われています。

– 炭酸があることで満腹感があるのでダイエット中に飲むことで空腹感を感じにくくすることができ、食べ過ぎ防止になる
– 消化をサポートする
– 便通改善に期待出来る
– 疲労回復

炭酸水はダイエット効果から消化のサポートまで様々な健康面でのメリットが期待できます。
注意しておきたいのが炭酸水の種類。
炭酸飲料水は炭酸の入ったジュースを指し、こちらには糖質や塩分が多く含まれています。
ここでいう炭酸水は味付けのない炭酸水を指し、砂糖の入った炭酸入りジュースは炭酸が入っていることで甘く感じなくても、大量の糖分が入っている場合がありますよ!

甘い炭酸入りジュースを毎日飲んでいると糖尿病などの生活習慣病にかかるリスクも高くなることも覚えておきましょう。

また、炭酸水の二酸化炭素が身体に取り込まれることで血液中の酸素濃度を上げるために自律神経が働くため、血管が広がり血行がよくなることで代謝が促進されます。
こちらの動画でも炭酸水を飲むメリットについて詳しく紹介されていますので、是非チェックしてみてくださいね。

少し間違うだけで逆効果!炭酸水の正しい取り入れ方!

高血圧の人が炭酸水を飲む時に気をつけるべきポイント


炭酸水にはダイエット中の人に嬉しい効果もありますが、高血圧の人は特に炭酸水の成分に気をつける必要があります。

炭酸水は味がついていなくてもナトリウムを多く含むものもあります。
食塩相当量はパッケージやラベルに表示義務があるので必ずチェックしましょう。

また、炭酸水はなるべく冷えていないものを飲みましょう。
すべての飲みものに共通して言えることですが、急激に冷やした飲みものを飲むと身体が冷たさに反応して血圧が上がりやすくなるリスクがあります。

特に朝起きたてのタイミングはこの反応が強く出やすい傾向がありますよ!
炭酸水は常温で保存することを意識しましょう。

また、冷たい飲みものは胃腸への負担がかかりやすいのでお腹が弱い人は特に気をつけましょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか?
最後にこの記事のおさらいです!

– 炭酸水を飲むことで空腹をごまかすことができ、食べ過ぎ防止になる
– 炭酸水は消化をサポートし、便通の改善にも期待出来る
– 炭酸水を飲むメリットとして、疲労回復に効果が期待出来ることも挙げられる
– 甘い炭酸飲料水は糖質が沢山入っているケースが多いので、必ず無糖の炭酸水を選ぶ
– 炭酸水は味がついていなくてもナトリウムを多く含むものもあるので成分で高血圧の人は特に食塩相当量をチェックする必要がある
– 炭酸水似限らず、急激に冷やした飲物を飲むと身体が冷たさに反応して血圧が上がりやすくなるリスクがある

身近に手に入る炭酸水は健康面でのメリットが多く、よく飲んでいる人がいる一方で高血圧の人が飲む場合は成分を必ずチェックする必要があります。

見ておくポイントを押さえておくことで、炭酸水の持つメリットを受け取ることが出来ますよ!
是非おさらいして、自分にぴったりの炭酸水を見つけてみてくださいね!

高血圧の敵!ストレスと血圧の関係について

「ストレスが溜まってくると高血圧の原因になる?」
「特に起こったり悲しんだりすることなく、ストレスに心当たりがないんだけど・・・」

血圧が上がる要因のひとつにストレスがあります。
ストレスはイライラしたときや不安があるときといった感情のイメージが先行しがちですが、暑さや寒さ、引っ越しや仕事の異動などの環境や気候の変化でも生じます。

季節の変わり目はストレスを感じやすくなるので血圧が心配な人は特にストレスケアが重要になってきますよ!

この記事ではストレスが血圧に与える影響について解説します。

ストレスの種類


ストレスと一言で言っても、その要因や種類は様々です。
不安やイライラ、悲しい気持ちになるような自覚のあるものや、無意識のうちに蓄積されるストレスも存在しますよ!

ストレスとは本来、外からの何らかの刺激を受けたときに生じる緊張状態を指します。
外部からの刺激には暑さや寒さ、雨の日などの天候によるものや、寝不足や風邪などの体調、不安や悩み、人間関係や仕事に関するものなど様々なものが該当します。

また、困りごとだけではなく、結婚や就職、出産などのイベントも刺激のひとつです。
これらは完全にゼロにすることは、私たちが生きている限り不可能なのでストレスとうまくつきあっていく必要があります。

血圧とストレスの関係


ここからはストレスがかかっている状態がどのように血圧に影響があるのかについて解説します。

ストレスは誰にでもあるものですが、長い期間にわたって強いストレスがかかると心身にダメージを与えます。
ストレスを感じるとそれに反応して自律神経のうちの交感神経が刺激されます。
交感神経の働きが活発になると、興奮状態になり、血管が収縮するので血圧が上がります。

また、血液を固まらせるホルモンも副腎から分泌されるので血が滞りやすくなり、血栓もできやすくなるリスクも高くなりますよ!
血流に障害が起こることで倦怠感や頭痛の原因にもなりかねません。
これらの不調がある場合は、心身のSOSである可能性も疑いましょう。

高血圧の人は特に、脳卒中や心筋梗塞が起こりやすくなるのでストレスの蓄積に注意する必要があります。

睡眠時間を確保したり、朝日を浴びて自律神経を整えたりすることや、軽い運動に取り組むことでも簡単なストレス対策に繋がります。

ストレスが原因の血圧を改善する3つの方法【血圧下げる】

まとめ


いかがでしたでしょうか?
最後にこの記事のおさらいです!

– 血圧が上がる要因のひとつにストレスがある
– 自覚のあるものや、無意識のうちに蓄積されるストレスも存在する
– ストレスの本来の意味は外からの何らかの刺激を受けたときに生じる緊張状態を指す
– 悩み事や身体の不調などだけではなく、結婚や出産、就職などのイベントもストレスに該当する
– 生きている上でストレスをゼロにするのは不可能なのでうまく付き合っていく必要がある
– ストレスを感じるとそれに反応して自律神経のうちの交感神経が刺激される
– 交感神経の働きが活発になることで、血管の収縮が起きて血栓もできやすくなる
– 血流の不調で倦怠感や頭痛といった心身のSOSが現れる場合がある

ストレスは生きている限りつきものになるので、ストレスを上手に解消する方法を覚える必要があります。
例えば、高血圧対策で新たに趣味としてウォーキングに挑戦するのもストレス解消にも繋がりますよ!

こちらの記事では有酸素運動のメリットについても解説しているので是非参考にしてみてくださいね。

【高血圧の人のダイエット】有酸素運動はどれぐらいの時間行うのが効果的なの?

季節の変わり目や環境の変化があるときは、特にストレスを感じやすくなるので打ち込める趣味や自分なりのストレス解消方法を見つけて身体を労りましょう。

お酒をやめると高血圧は治るの?禁酒を成功させたい人が知っておきたいポイント3つ解説

「血圧のためにお酒をやめようと思っている」
「お酒をいきなりやめると、ストレスになって結局お酒がやめられなくなるのでは・・・?」
「まわりに禁酒が成功した人がいないんだけど!」

アルコールは血圧が高くなる原因にもなるので、お酒を控えることは高血圧対策に大きく期待が出来ます。
この記事では、アルコールと高血圧についておさらいしながら、お酒をこれからやめたり減らしたりしたい人が押さえておくべきポイントについても解説します。

普段の生活で高血圧の対策をしたい方はこちらの記事もおすすめです。

高血圧を改善したい!代表的なお茶の成分3つご紹介

血圧と飲酒の関係について


お酒を飲むと血管が拡張されて、一時的に血圧は下がります。
しかし、習慣的に飲酒を続けると血圧は高くなるので毎日お酒を飲んでいる人は要注意です。
長時間の飲酒でも同様に血圧が高くなるリスクがあります。

お酒の席でのおつまみは塩分の高いものが多いのも、飲酒を避けるべき理由のひとつです。

また、お酒を飲むことで寝付きを良くするメリットもありますが、アルコールが深い眠りを妨げるので、眠りの質自体は下がり、高血圧の発症率も上がるため血圧が気になる人はお酒を控えておいた方がベターと言えます。

【ゆっくり解説】悲報!アルコール依存の影響…お酒を飲み続けるとどうなる!

禁酒を成功させたい人が知っておきたいポイント3つ

ここからは禁酒を成功させるために、押さえておきたい要点をご紹介します。

まずはアルコール依存症かをチェックするのは専門医の診察が必要


単なるお酒を沢山飲む人と、アルコール依存症かは判断基準が存在します。
専門医がアルコール依存症かを診察してチェックします。

【禁酒・断酒】アルコール依存症チェックしよう!~診断基準徹底解説ICD 10~

こちらの動画でもWHOの判断基準について紹介されています。
その中でも特にお酒を控えると禁断症状が出たり、長時間の飲酒(朝から晩までお酒を飲みっぱなしになるなど)が見られると、アルコール依存症である可能性が高い傾向がありますよ!

いきなりお酒を辞めるのではなく「減酒」からスタート


お酒を飲む量をいきなりゼロにすると結局お酒をやめることが難しい場合があります。
お酒をやめるのは長期的なゴールとして設定して、それまでのステップを細かく設定すると良いでしょう。

例えば最初は休肝日を設けることからはじめたり、もっとハードルを低くしてお酒を飲んだ数量を記録することからスタートする人もいるようです。
また、1口をゆっくり時間をかけて味わって飲むといった、飲み方を変えるだけでもお酒を減らすことに繋がる場合もありますよ!

意識するポイントは実現が可能なゴールを設定して、ストレスをためないことです。
早くお酒をやめたいからといって、いきなりハードルが高いものに挑戦すると、達成できなかったときにストレスを感じやすくなってしまいます。

こちらの動画では精神科医がお酒を減らすためのコツを紹介しているので是非チェックしてみてくださいね。

苦もなく楽しく飲酒量を減らす3つの方法【精神科医・樺沢紫苑】

減酒はプロの力が借りられる


習慣になっていたものの頻度を減らしたり辞めたりするのはなかなか難しいことですよね。
お酒の量を減らすために、医師のサポートが受けられる減酒外来が存在します。

定期的に病院に通いながら、減酒の目標設定や進捗確認、カウンセリングやアドバイスが受けられるものです。

ダイエットにもパーソナルトレーニングが存在するように、マンツーマンでその人に合ったやり方を提案してもらえたり、困りごとを相談することができますよ!
自己流で自信の無い人はプロと二人三脚で取り組むのがおすすめです。

まとめ


いかがでしたでしょうか?
最後にこの記事のおさらいです!

– お酒を飲むと血管が拡張されて、一時的に血圧は下がるが、継続して日常的にお酒を飲む人は高血圧のリスクが高くなる
– 長時間の飲酒でも血圧が上がる
– アルコール依存症か否かはWHOが判断基準を掲げており、専門医の診察を受けることで依存症かどうかがわかる
– WHOの掲げるアルコール依存症の判断基準のうちの、お酒を控えると禁断症状や長時間の飲酒の項目が当てはまると特にアルコール依存症である可能性が高い傾向がある
– いきなりお酒の飲む量をゼロにする!といった高い目標を設定するのではなく、現実的な目標を沢山設定しておく方がストレスにならずに続けやすい
– 病院によっては減酒外来を行っているところがあり、プロによるサポートが受けられる

一般的に、日本人はお酒に弱い遺伝子を持っていると言われています。
本来は体質的にお酒が身体に合わない特徴を持つ、日本人がお酒をやめられなくなってしまうほど、ストレスや不安をかかえているとお酒に依存しやすくもなります。

お酒をやめることだけにフォーカスしてしまいがちですが、お酒に隠れていたその他の不安や悩みなどの原因が浮き彫りになることもありますよ!

普段からお酒をよく飲む人は特に減酒が難しく感じやすいかもしれませんが、専門医やカウンセラーなどのプロの力も借りながらお酒に隠れている原因とも向き合って取り組んでみてくださいね。

【高血圧とアルコール】お酒を飲むと動悸がするのは何で?

「自分では少量のお酒だと思って飲んだら動悸がする・・・」
「高血圧の人がアルコールを摂ると動悸がするのは何で?」

高血圧の人は特にアルコールを摂ると、胸や息が苦しくなった経験があるという人は多いのではないでしょうか。
この記事では高血圧とアルコールの関係についておさらいしつつ、お酒を飲むと動悸がする理由についてご紹介します。

お酒と高血圧


お酒を飲むと血管が拡張されて、一時的に血圧は下がります。
しかし、習慣的に飲酒を続けると血圧は高くなるので毎日お酒を飲んでいる人は要注意です。
長時間の飲酒でも同様に血圧が高くなるリスクがあります。

お酒の席でのおつまみは塩分の高いものが多いのも、飲酒を避けるべき理由のひとつです。

また、お酒を飲むことで寝付きを良くするメリットもありますが、アルコールが深い眠りを妨げるので、眠りの質自体は下がり、高血圧の発症率も上がるため血圧が気になる人はお酒を控えておいた方がベターと言えます。

【ゆっくり解説】悲報!アルコール依存の影響…お酒を飲み続けるとどうなる!

こちらの記事でも詳しくご紹介していますので、是非チェックしてみてくださいね。

高血圧の人はお酒を飲んではいけないの?

また、お酒の席に欠かせないおつまみは塩分が高いものが多い傾向にあります。
塩分の高い食べ物とむくみについてはこちらの記事も参考にしてみてくださいね。

https://nagareha.com/archives/238

お酒を飲むと動悸がする理由


最も考えられる原因としては「アセトアルデヒド」の影響です。
アセトアルデヒドはアルコールが肝臓で分解された状態の物質です。

これは毒性が強いことが特徴で、動悸や吐き気、頭痛などの不調を引き起こします。
お酒が弱い人や悪酔いしたときに見られる症状の原因とも考えられていますよ!

アセトアルデヒドは、アルコールと同様に血管を拡張させる作用があるため、血液を全身に長そうとすると脈拍数が増えてその結果、動悸を引き起こすとされています。

また、お酒に強いか弱いかはそれぞれの酵素の分泌量によっても異なります。
一般的にアセトアルデヒドを分解する酵素のALDH2がよく働く人は悪酔いしにくい傾向があります。

しかし、悪酔いしにくいからといって沢山お酒を飲んで良いというのは大きな誤解です。
アセトアルデヒドを分解しても、アルコール摂取量は変わりません。
当然、心臓、肝臓や腎臓などの内臓疾患や高血圧のリスクがあるということを覚えておきましょう。

【お酒をやめる】~人類最大の敵~ アセトアルデヒドの正体【中田敦彦のYouTube大学/切り抜き/禁酒/アルコール依存の危険性とは?】

まとめ


いかがでしたでしょうか?
最後にこの記事のおさらいです!

– お酒を飲むと血管が拡張されて、一時的に血圧は下がるが、継続して日常的にお酒を飲む人は高血圧のリスクが高くなる
– 長時間の飲酒でも血圧が上がる
– アルコールが肝臓で分解されたアセトアルデヒドは毒性が高く、吐き気や頭痛、動悸を引き起こすとされている
– アセトアルデヒドは血管を広げる作用があるため、血液が循環するときに脈拍が増えて動悸を引き起こしてしまうとされている
– お酒に強いか弱いかはアセトアルデヒドを分解する酵素のALDH2の分泌量や働きにもよるが、悪酔いしないからといってお酒を沢山飲んで良いというわけではない

お酒の成分と動悸についてご紹介しました。
高血圧の人でお酒が好きな人には、お酒を控えること自体が辛いことですよね。
いきなり辞めるのではなく、まずはこのままお酒を飲み続けることのリスクについて学ぶことも禁酒の第一歩です。

禁酒に成功した人の体験談もチェックして、モチベーションを保ちながら取り組んでみてくださいね。

初心者におすすめの橿原市のフィットネスジムWELLS

高血圧の人はお酒を飲んではいけないの?

「歓送迎会シーズンのお酒の席で、誘惑が多い・・・」
「高血圧の人はアルコールとの付き合い方はどのように気をつけないといけないの?」

一般的に、飲酒量が多い人は血圧が高くなる傾向があります。
血圧が高めの人は、普段からお酒を控えるように指導されていることや、自分で気をつけている人も多いのではないでしょうか。

この記事では、血圧と飲酒の関係について解説しながら、血圧が高い人がお酒を飲むときの注意点をご紹介します。

普段の生活で高血圧の対策をしたい方はこちらの記事もおすすめです。

高血圧を改善したい!代表的なお茶の成分3つご紹介

血圧と飲酒の関係について


お酒を飲むと血管が拡張されて、一時的に血圧は下がります。
しかし、習慣的に飲酒を続けると血圧は高くなるので毎日お酒を飲んでいる人は要注意です。
長時間の飲酒でも同様に血圧が高くなるリスクがあります。

お酒の席でのおつまみは塩分の高いものが多いのも、飲酒を避けるべき理由のひとつです。

また、お酒を飲むことで寝付きを良くするメリットもありますが、アルコールが深い眠りを妨げるので、眠りの質自体は下がり、高血圧の発症率も上がるため血圧が気になる人はお酒を控えておいた方がベターと言えます。

【ゆっくり解説】悲報!アルコール依存の影響…お酒を飲み続けるとどうなる!

血圧が高い人がお酒を飲むときの注意点


飲む量について

お酒が好きな方にとっては、お酒を控えること自体が辛い場合もありますよね。
ここからは、どうしてもお酒を飲まないといけない場がある人や、息抜きでたまにお酒を飲むときに気をつけるべきポイントをご紹介します。

高血圧の治療の指針でもある、高血圧治療ガイドライン2019では飲酒量について次のように推奨されています。

アルコール量:男性20~30mL/日以下 女性10~20mL/日以下

男性の場合はおおよそ日本酒1合、ビール中瓶1本、焼酎半合、ウィスキー・ブランデーはダブルで1杯、ワインは2杯、女性はその半量ほどです。

お酒をよく飲む人にとっては物足りなく感じる量かもしれませんが、いきなりお酒をやめる禁酒ではなく、お酒の量を減らす節酒から取り組む事で、結果的にお酒を飲むこと自体を減らすことに繋がりやすくなります。

また、チェイサーを併せて頼むことで満足感を得やすい人も多いので、お水と併せて飲むことも覚えておきましょう。

塩分の高いおつまみを控える


フライドポテトや唐揚げ、イカの塩辛など、お酒の席では塩分の高いおつまみがつきもの。
好きな人も多い、ホッケの開きはおおよそ4.5グラムの塩分が含まれており、1日の塩分摂取の上限の大半を占めることになります。

塩分を排出する働きのあるミネラルのカリウムが多く含まれた野菜料理や、デザートには果物を選びましょう。

高い血圧を下げる野菜の6選がこれだ!

まとめ


いかがでしたでしょうか?
最後にこの記事のおさらいです!

– 一般的に、飲酒量が多い人は血圧が高くなる傾向がある
– お酒を飲むと血管が拡張されて、一時的に血圧は下がるが、継続して日常的にお酒を飲む人は高血圧のリスクが高くなる
– 長時間の飲酒でも血圧が上がる
– お酒を飲むと寝付きが良くなる場合もあるが、眠りの質が下がって高血圧のリスクは高くなる
– いきなりお酒を辞めるとストレスになってかえって禁酒できない場合があるので、量をへらすことから始める
– アルコール量は男性20~30mL/日以下 女性10~20mL/日以下が推奨されている
– おつまみは全体的に塩分が高い傾向があるので、野菜料理や果物を選ぶ

どうしてもお酒を飲む機会がある場合や、なかなかお酒を辞められない人は分量や飲み方、おつまみの選び方を工夫しましょう。
また、周りに血圧が高めなのでお酒を控えていることを言っておくのもおすすめです。

是非、ご自身にあうお酒の調製方法を選んで節酒に取り組んでみてくださいね。

高血圧の対策!チョコレートを食べる量はどれぐらいがいいの?

「血圧が高めだから、チョコレートを間食に選びたいけれどどれぐらい食べれば良いの?」
「ダイエット中だからチョコレートの脂質が気になる・・・。カロリーオーバーにはならないの?」

カカオ成分70%以上のチョコレートには、ココアポリフェノールが豊富に含まれ、血圧の高めな人の間食にぴったりです。
しかし、チョコレートは脂質が高く、カロリーもそれなりにあります。

身体に良いからといって沢山食べるのではなく、適量を押さえて効果的に活用しましょう!

チョコレートの選び方や食べるタイミングについてはこちらの記事で紹介しているのでチェックしてみてくださいね。

高血圧対策のおやつにチョコレートがおすすめの理由

チョコレートを摂るメリットや効果


チョコレートにはカカオポリフェノールが含まれています。
ポリフェノールは緑茶やコーヒーにも含まれている抗酸化物質です。

その中でも、カカオポリフェノールはココアやチョコレートなどのカカオ豆を原料にした食べ物に含まれています。
カカオ豆をそのまま使うことのできる食べ物は、ポリフェノールの含有量が多いという特徴もありますよ!
カカオポリフェノールが吸収された後に血中に行き渡ると、血管の炎症を抑えて血行の改善に効果が期待されます。

動脈硬化の予防にも繋がる成分なので、チョコレートは高血圧対策したい人には特にメリットの多い食べ物であることがわかります。

【LDL&血圧】チョコレートの凄すぎる5つの健康効果

チョコレートはどれぐらい摂れば良いの?


健康目的で摂取する場合でもあくまでおやつ(間食)の位置付けで摂取するようにしましょう。

一般的な板チョコのカロリーは大体300kcalほど。
活動量の少ない成人男性の1日の摂取カロリーは2,000kcalで、おやつで摂取するカロリーの目安は1日の摂取カロリーの内の10%なので、1枚まるごと食べるとカロリーオーバーになりがちです。

また、この目安はあくまでおやつで摂取するカロリーの上限なので、必ず1日の摂取カロリーのうちの10%をおやつで摂ることをおすすめしているものではありませんよ!

また、脂質が多い食べ物なので、食事制限中の人はカロリーだけでなく脂質量が上回らないように気をつけましょう。

チョコレートはカカオ成分70%以上のものを選んでいるのを前提として、1日約25グラムが目安です。
板チョコ1枚が約50グラム程度なので、半分ぐらいの量までにして食べ過ぎないようにしましょう。

【血糖値測定】チョコレート効果3種類をそれぞれ1箱一気に食べて血糖値測定!衝撃の結果!

まとめ


いかがでしたでしょうか?
最後にこの記事のおさらいです!

– チョコレートに含まれるカカオポリフェノールはカカオ豆に含まれる抗酸化物質
– 血管の炎症を抑えて、血の流れを改善する効果が期待されている
– 原材料名の先頭にカカオマスが入っているチョコレートはカカオ成分が豊富に含まれている
– カカオ成分が70%以上含まれているものが、カカオポリフェノール配合量が高い
– チョコレートは脂質が多い食べ物なので、ダイエット中の人は特に食べ過ぎに気をつける必要がある
– おやつの摂取するカロリーの目安は1日の摂取カロリーの全体量の10%が目安で、活動量の少ない男性(1日摂取カロリー2,000kcal)が板チョコを間食に1枚食べるとカロリーオーバーになってしまう
– カカオ成分70%以上のチョコレートを1日25グラムまでを目安に食べ過ぎを防ぐ

血圧が気になる人の間食にぴったりな高カカオのチョコレート。
カロリーが高く、脂質が多いという特徴をよく理解して、効果的に摂取しましょう!

健康診断の結果が気になる方で奈良のパーソナルトレーニングジムをお探しならぜひ。