甘いものが原因で高血圧になる?砂糖と血圧について

「高血圧対策は減塩だけではなく甘いものも気をつける必要があるの?」
「甘いものと高血圧はどんな関係があるの?」

高血圧の対策と言えば、塩分を抑える「減塩」のイメージがありますよね。
しかし、塩分だけでなく、砂糖の摂りすぎにも気をつける必要もありますよ!

砂糖をはじめ、糖分を摂りすぎると糖尿病の発症リスクが高くなります。
高血圧と糖尿病のどちらも血管に関わる疾病です。

糖尿病にかかっている人は高血圧の人が多い傾向もありますよ!

この記事では砂糖と血圧の関係について解説しながら、高血圧の人が甘いものを食べるときの注意点をご紹介します。

血圧と砂糖の関係


砂糖がたくさん入ったお菓子などの糖質の多いものを食べると、血液中のブドウ糖の量を表す血糖値が高くなります。
血糖値が高い状態の血管はドロドロとした形状の血液が流れています。

血液がドロドロしている状態になると、血液に栄養や酸素を身体の隅々にスムーズに送るために、身体は血液をサラサラにしようと水分を多く送り込んで血液量が増えます。
その結果血圧は高くなってしまいますよ!

また、高血圧は血管にダメージを与えます。
砂糖の入った血糖値の高い食べ物が原因で血糖値や血圧が上がり、血管がもろくなると動脈硬化になりやすくなります。

そのため、高血圧の人は塩分だけでなく血糖値の上昇にも気をつける必要があります。

もし甘いものを食べたくなったら、カリウムや食物線維の豊富なバナナをお菓子の代わりに代わりに食べることもおすすめです。
甘いものを食べたくなるときはストレスを感じているタイミングという場合もありますよね。

バナナに含まれるGABAには興奮状態を抑える働きがあり、抗ストレスや血圧の降下も期待出来ます。
1本食べると満足感もあるので、バナナは空腹や甘いものを食べたい!という衝撃的で一時的な食欲も収めてくれる優秀なおやつです。

こちらの記事でも詳しく解説していますので、是非チェックしてみてくださいね!

高血圧の対策にバナナがおすすめの理由

高血圧の人が甘いものを食べるときの注意点


高血圧の人が甘いものを食べる時は次のことに気をつけましょう。

– 間食は多くても1日200kcalまで
– フルーツや甘いものは小分けに
– カロリーだけでなく糖質量もチェックしよう
– 飲物に含まれている糖質にも気をつけて
– 糖分に隠れた塩分を見逃さないように

間食はあくまで3回の食事で摂れない栄養を補うための食事という位置づけです。
甘いものはカロリーが高く、ついついカロリーオーバーになりがちなのでカロリーや糖質量を必ずチェックして食べ過ぎに気をつけましょう。

目安として、おやつのカロリーは1日の合計で最大200kcalとして、合計量を管理しておきましょう。

ジュースやスポーツドリンクにも糖質が多く含まれている傾向があるので、パッケージに記載されている栄養成分にも注目してみてくださいね!

また、栄養補給の点ではたんぱく質やビタミン・ミネラルを補える食事がおすすめです。
特にたんぱく質は血管や内臓、筋肉をはじめ、身体のありとあらゆる部分を作るための材料として働くので、不足のないように摂取する必要があります。

そうとは言っても、なかなか甘いものでたんぱく質を補うことは難しいですよね。

最近では豆腐をスイーツにアレンジしたお菓子も多く存在します。
豆腐は大豆が原料なので、たんぱく質やマグネシウムも含まれています。
また、植物性たんぱく質はゆっくりと身体に吸収される特徴もあるので、腹持ちが良いのも嬉しいポイントですよね。

【豆腐感ゼロ】痩せる!濃厚なお豆腐チョコムース【豆腐スイーツ/低糖質スイーツ】

たんぱく質を摂れる間食として、

– プロテイン
– チーズ
– ヨーグルト
– 豆乳ドリンク
– 豆腐スイーツ

などもおすすめです。

甘塩っぱいお菓子は塩分を感じにくい傾向があります。
しょっぱさをそんなに感じなくても、塩分が高い場合があるので味付けにも目を向けましょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか?
最後にこの記事のおさらいです!

– 砂糖がたくさん入ったお菓子などの糖質の多いものを食べると、血液中のブドウ糖の量を表す血糖値が高くなる
– 血糖値が高くなると、血液に栄養や酸素を身体の隅々にスムーズに送るために、身体は血液をサラサラにしようと水分を多く送り込んで血液量が増えてその結果、血圧が高くなる
– 砂糖の入った血糖値の高い食べ物が原因で血糖値や血圧が上がり、血管がもろくなると動脈硬化になりやすくなる
– どうしても甘いものを食べたい!というときはバナナを代わりに食べるのもおすすめ
– 高血圧の人の間食ではカロリーだけでなく糖質量をチェックする必要がある
– 間食ではたんぱく質やビタミン・ミネラルを補えるものが理想的
– 豆腐を原料にしたスイーツはたんぱく質やマグネシウムを補うことができる
– 甘塩っぱいお菓子はしょっぱさをそんなに感じなくても、塩分が高い傾向があるので味付けにも気をつける必要がある

甘いものが好きな人にとっては、塩分や糖分の制限は辛いものですよね。
一気に辞めるのではなく、ルールを決めたり、原料や成分をチェックして自分に合うものを取入れることで食事制限が続けやすくなる場合があります。

是非、知識量ややり方を増やして取り組んでみてくださいね!

投稿者:

血圧さん

平成に栄養士免許を取得。来年から人間ドックデビューの夫と2人暮らし。高血圧気味の夫との食事や運動について綴ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。