高血圧の人は炭酸水を飲んでも良いの?気をつけるべきポイントについてご紹介

「炭酸水は高血圧に効くと聞いたことがあるけれど本当?」
「かえって血圧が高くなるとも言われているし、メリットがあると言っている人もいるんだけど、結局どちらが正しいの?」

ダイエット目的の人が空腹を満たしたり、美容にもメリットがあり、コンビニやスーパーでも手に入れられるので炭酸水はますます人気が高まっています。

しかし、高血圧の人の場合は炭酸水を飲む場合、成分や飲み方に注意が必要です。
この記事では、高血圧の人が炭酸水を飲むときの注意点や選び方のポイントについてご紹介します。

また、高血圧のリスクの高い肥満が気になる人は、有酸素運動もおすすめです。
こちらの記事でも有酸素運動について解説しているので是非チェックしてみてくださいね。

高血圧の人が有酸素運動で得られるメリットとおすすめの種類

炭酸水を飲む基本的なメリット


一般的に、炭酸水を飲むことで次のようなメリットがあると言われています。

– 炭酸があることで満腹感があるのでダイエット中に飲むことで空腹感を感じにくくすることができ、食べ過ぎ防止になる
– 消化をサポートする
– 便通改善に期待出来る
– 疲労回復

炭酸水はダイエット効果から消化のサポートまで様々な健康面でのメリットが期待できます。
注意しておきたいのが炭酸水の種類。
炭酸飲料水は炭酸の入ったジュースを指し、こちらには糖質や塩分が多く含まれています。
ここでいう炭酸水は味付けのない炭酸水を指し、砂糖の入った炭酸入りジュースは炭酸が入っていることで甘く感じなくても、大量の糖分が入っている場合がありますよ!

甘い炭酸入りジュースを毎日飲んでいると糖尿病などの生活習慣病にかかるリスクも高くなることも覚えておきましょう。

また、炭酸水の二酸化炭素が身体に取り込まれることで血液中の酸素濃度を上げるために自律神経が働くため、血管が広がり血行がよくなることで代謝が促進されます。
こちらの動画でも炭酸水を飲むメリットについて詳しく紹介されていますので、是非チェックしてみてくださいね。

少し間違うだけで逆効果!炭酸水の正しい取り入れ方!

高血圧の人が炭酸水を飲む時に気をつけるべきポイント


炭酸水にはダイエット中の人に嬉しい効果もありますが、高血圧の人は特に炭酸水の成分に気をつける必要があります。

炭酸水は味がついていなくてもナトリウムを多く含むものもあります。
食塩相当量はパッケージやラベルに表示義務があるので必ずチェックしましょう。

また、炭酸水はなるべく冷えていないものを飲みましょう。
すべての飲みものに共通して言えることですが、急激に冷やした飲みものを飲むと身体が冷たさに反応して血圧が上がりやすくなるリスクがあります。

特に朝起きたてのタイミングはこの反応が強く出やすい傾向がありますよ!
炭酸水は常温で保存することを意識しましょう。

また、冷たい飲みものは胃腸への負担がかかりやすいのでお腹が弱い人は特に気をつけましょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか?
最後にこの記事のおさらいです!

– 炭酸水を飲むことで空腹をごまかすことができ、食べ過ぎ防止になる
– 炭酸水は消化をサポートし、便通の改善にも期待出来る
– 炭酸水を飲むメリットとして、疲労回復に効果が期待出来ることも挙げられる
– 甘い炭酸飲料水は糖質が沢山入っているケースが多いので、必ず無糖の炭酸水を選ぶ
– 炭酸水は味がついていなくてもナトリウムを多く含むものもあるので成分で高血圧の人は特に食塩相当量をチェックする必要がある
– 炭酸水似限らず、急激に冷やした飲物を飲むと身体が冷たさに反応して血圧が上がりやすくなるリスクがある

身近に手に入る炭酸水は健康面でのメリットが多く、よく飲んでいる人がいる一方で高血圧の人が飲む場合は成分を必ずチェックする必要があります。

見ておくポイントを押さえておくことで、炭酸水の持つメリットを受け取ることが出来ますよ!
是非おさらいして、自分にぴったりの炭酸水を見つけてみてくださいね!

投稿者:

血圧さん

平成に栄養士免許を取得。来年から人間ドックデビューの夫と2人暮らし。高血圧気味の夫との食事や運動について綴ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。