【高血圧予防におすすめの食材】キャベツの血圧への効果や調理法の注意点

「高血圧予防のためにおすすめの食材を知りたい!」
「野菜はサプリメントではないので、加熱や水に栄養が逃げてしまうのでは?なるべく栄養を逃さないキャベツの調理方法は?」

キャベツはどこのスーパーやコンビニでも手に入る身近な野菜です。
食物線維やビタミンCが豊富なキャベツは高血圧にもよい働きをしてくれますよ!
この記事ではキャベツを食べることによる血圧へのメリットや、栄養を逃しにくい調理方法についてご紹介します。

キャベツが与える血圧へのメリット


血圧への主なメリットは次の通りです。

ナトリウムを排出して血圧を下げる

キャベツにはカリウムが豊富に含まれています。
生のキャベツの葉2枚分相当の130gにはカリウムは270mg含まれており、キャベツは野菜の中でもカリウムの量は多め。

カリウムは余分なナトリウムを排出してくれる効果があり、高血圧の予防にはおすすめのミネラルです。
特に日本食には塩分が多く含まれており、摂取するナトリウム量も外国に比べて多い傾向があります。
そのため、野菜や果物で普段からカリウムを積極的に摂る必要があります。

間食にはカリウムが豊富なバナナもおすすめです。
こちらの記事でも詳しくご紹介しているので是非チェックしてみてくださいね。

高血圧の対策にバナナがおすすめの理由

※腎臓の機能が弱まっている方や医師から指導を受けている人は摂取するカリウムの量に制限がある場合がありますので、注意しましょう。

血糖値を下げる

血圧が気になる人は血糖値の上昇についても気をつける必要がありますよ!
血糖値が高くなっている状態では血液内の浸透圧に影響があるため、血圧が上がりやすくなります。

血圧が気になる人も、食べる順番を変えて血糖値の影響が最小限になるように心がけることが大切です。

そこで、食事ではキャベツを先に食べることでも対策が出来ますよ!

キャベツに食物線維が豊富に含まれています。
食物線維は糖質に比べると消化のペースがゆっくりである特徴があるため、先に食物線維が豊富な食材を食べて糖質を後に摂ることで、順次消化されるために血圧の急上昇を防ぐことができます。

それによって、血糖値の急上昇による血管内のダメージを防ぐことが出来るため血圧対策にも有効で、動脈硬化の予防にも期待出来ます。

調理法の注意点


ここからは、キャベツの栄養を無駄にすることなく摂取するために知っておきたい、調理の注意点についてご紹介します。

生食がおすすめ


キャベツに含まれる栄養素は熱に弱い特徴があります。
そのため、茹でたり炒めたりする調理方法では成分が溶け出してしまうので、なるべく生で食べるのがおすすめです。

生で食べるときは切ってから水さらしをすると、成分が流出するので、水で洗ってから切ると損出を最低限に留めることが出来ますよ!

キャベツにはビタミンたっぷり!意外なアレに効く栄養と効能

加熱する場合は汁ごと味わえるものを

キャベツの生食は栄養の損出が少ないとはいえ、生で食べるとボリュームがありますよね。
加熱調理するときは、溶け出した栄養素をまるごと摂ることが出来る汁物もおすすめです。

味噌汁やシチュー、スープなどのレシピを試してみましょう!

まとめ


いかがでしたでしょうか?
最後にこの記事のおさらいです!

– キャベツにはカリウムが豊富に含まれている
– カリウムはナトリウムを排出して血圧を下げる
– 日本食は特に塩分が高いので日本人は特にカリウムを積極的に摂る必要がある
– キャベツは血糖値を下げる働きがある
– キャベツに豊富に含まれる食物線維は消化ペースがゆっくりであり、最初にキャベツを食べてから糖質の多いものを摂ると、血糖値の急上昇を防ぐことに期待出来る
– キャベツに含まれる栄養素は熱に弱いものが多いので生食がおすすめ
– 加熱料理の場合は汁ごと摂れる料理を選ぶと無駄が少ない

高血圧対策は身近な食材の栄養を摂ることや、食べ方の順番を工夫することでも出来ますよ!
是非、キャベツを積極的に摂って高血圧予防にお役立てください。

高血圧の人は納豆を食べて良いの?絶対に食べてはいけない人とは

「納豆を食べると血圧がサラサラになるんじゃないの?」
「高血圧の人が納豆を食べると危険なのは何で?」

カリウムが豊富でたんぱく質も摂れる納豆は、血圧が気になる人だけでなく健康を意識して積極的に食べている人が多いのではないでしょうか。

しかし、高血圧の人で医師からを処方されている人は納豆に注意しなければなりません。
処方されている薬によっては、納豆が禁忌である場合もありますよ!

この記事では納豆を食べるメリットをご紹介しながら、絶対に納豆を食べてはいけない人とはどんな人なのかについて解説します。

納豆を食べる基本的なメリット


納豆は「畑の肉」とも言われる大豆を原料にした伝統的な日本の食べ物です。
特有の匂いと食感が好きな人も多く、多くの食卓で朝食の定番になっているのではないでしょうか。

納豆を食べる基本的なメリットには次のものがあります。

– 大豆イソフラボンが豊富
– 納豆菌が腸内環境を整える
– 植物性たんぱく質を摂取出来る
– 食物線維が多い
– カリウムや大豆イソフラボンが含まれている
– 大豆製品のメリットである、血圧や血中脂質の低下にも効果があるというデータがある

それだけでなく、加工食品にもかかわらず栄養成分の損失が少ないのも納豆の魅力のひとつ。
また、普段から納豆を食べる人は食べない人に比べて循環器疾患による死亡リスクが低いという報告もあるようです。

高血圧の予防や、一日の栄養バランスを整えるためにもメリットの多い食品であることがわかります。

納豆を食べてはいけない人とは


納豆を摂る一般的なメリットについて解説してきましたが、ここからは納豆を絶対に食べてはいけない人はどのような人なのかを解説します。

大豆アレルギーの人が納豆を控える必要があるのは勿論、心臓疾患の患者によく処方される薬のワーファリン(ワルファリン)は納豆が禁忌として医師や薬剤師から説明を受けている場合があります。

したがって、ワーファリンを処方されている人を食べてはいけません。

ワーファリン(ワルファリン)は血液凝固剤として使用されている薬です。
薬の作用によって血をサラサラにして血栓が作られるのを防ぐ効果があります。
主に心筋梗塞などの治療や予防に使われているメジャーな薬です。

ワーファリンはビタミンKの働きによって効果が阻害されてしまいます。
納豆に含まれる納豆菌は私たちの腸内で非常に多くのビタミンKを生成します。

ワーファリンを処方されていない人にとって、ビタミンKはカルシウムの骨への吸収をサポートしてくれたり、良い働きをしてくれるものですが、ワーファリンを服用している人は最悪の場合死に至るほど危険であることを覚えておかなければなりません。

納豆自体のビタミンKの含有量はそれほど多くはないのですが、納豆菌が腸内で生成する量が多い特徴があります。

納豆はワーファリンの処方がされていない人が高血圧の予防や対策に食べることはおすすめですが、禁忌とされている場合は絶対に食べないようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
最後にこの記事のおさらいです!

– 高血圧の人で医師からを処方されている人は納豆を食べてはいけない場合がある
– 納豆は基本的には栄養が豊富でメリットの多い食材
– 加工食品でありながら、大豆イソフラボンやたんぱく質、食物線維やカリウムなどのミネラルの損失が低いのも納豆の魅力
– 心臓疾患の患者によく処方される薬のワーファリン(ワルファリン)は納豆が禁忌とされている
– ビタミンKの働きによってワーファリンの効果が阻害されてしまう
– ワーフアリンを服用している人が納豆を食べてしまうと、腸内で納豆菌がビタミンKを多く生成することから重篤な状態になるほどの危険がある
– 納豆自体のビタミンKの含有量は少ないが、腸内で納豆菌が作るビタミンKの量がワーファリンの働きを阻害して重篤な状態になるほどの危険があるほどである
– 納豆が禁忌とされている人は絶対に食べてはいけない

ご飯のおともにとしても欠かせない納豆は、基本的には食べるメリットの多い食品ですが、食べると重篤な状態になる危険がある人もいます。
メリットだけでなく、注意するべきポイントを押さえておきましょう。

高血圧の予防には適度な運動もおすすめです。
こちらの記事もチェックしてみてくださいね。

高血圧の人が有酸素運動で得られるメリットとおすすめの種類

甘いものが原因で高血圧になる?砂糖と血圧について

「高血圧対策は減塩だけではなく甘いものも気をつける必要があるの?」
「甘いものと高血圧はどんな関係があるの?」

高血圧の対策と言えば、塩分を抑える「減塩」のイメージがありますよね。
しかし、塩分だけでなく、砂糖の摂りすぎにも気をつける必要もありますよ!

砂糖をはじめ、糖分を摂りすぎると糖尿病の発症リスクが高くなります。
高血圧と糖尿病のどちらも血管に関わる疾病です。

糖尿病にかかっている人は高血圧の人が多い傾向もありますよ!

この記事では砂糖と血圧の関係について解説しながら、高血圧の人が甘いものを食べるときの注意点をご紹介します。

血圧と砂糖の関係


砂糖がたくさん入ったお菓子などの糖質の多いものを食べると、血液中のブドウ糖の量を表す血糖値が高くなります。
血糖値が高い状態の血管はドロドロとした形状の血液が流れています。

血液がドロドロしている状態になると、血液に栄養や酸素を身体の隅々にスムーズに送るために、身体は血液をサラサラにしようと水分を多く送り込んで血液量が増えます。
その結果血圧は高くなってしまいますよ!

また、高血圧は血管にダメージを与えます。
砂糖の入った血糖値の高い食べ物が原因で血糖値や血圧が上がり、血管がもろくなると動脈硬化になりやすくなります。

そのため、高血圧の人は塩分だけでなく血糖値の上昇にも気をつける必要があります。

もし甘いものを食べたくなったら、カリウムや食物線維の豊富なバナナをお菓子の代わりに代わりに食べることもおすすめです。
甘いものを食べたくなるときはストレスを感じているタイミングという場合もありますよね。

バナナに含まれるGABAには興奮状態を抑える働きがあり、抗ストレスや血圧の降下も期待出来ます。
1本食べると満足感もあるので、バナナは空腹や甘いものを食べたい!という衝撃的で一時的な食欲も収めてくれる優秀なおやつです。

こちらの記事でも詳しく解説していますので、是非チェックしてみてくださいね!

高血圧の対策にバナナがおすすめの理由

高血圧の人が甘いものを食べるときの注意点


高血圧の人が甘いものを食べる時は次のことに気をつけましょう。

– 間食は多くても1日200kcalまで
– フルーツや甘いものは小分けに
– カロリーだけでなく糖質量もチェックしよう
– 飲物に含まれている糖質にも気をつけて
– 糖分に隠れた塩分を見逃さないように

間食はあくまで3回の食事で摂れない栄養を補うための食事という位置づけです。
甘いものはカロリーが高く、ついついカロリーオーバーになりがちなのでカロリーや糖質量を必ずチェックして食べ過ぎに気をつけましょう。

目安として、おやつのカロリーは1日の合計で最大200kcalとして、合計量を管理しておきましょう。

ジュースやスポーツドリンクにも糖質が多く含まれている傾向があるので、パッケージに記載されている栄養成分にも注目してみてくださいね!

また、栄養補給の点ではたんぱく質やビタミン・ミネラルを補える食事がおすすめです。
特にたんぱく質は血管や内臓、筋肉をはじめ、身体のありとあらゆる部分を作るための材料として働くので、不足のないように摂取する必要があります。

そうとは言っても、なかなか甘いものでたんぱく質を補うことは難しいですよね。

最近では豆腐をスイーツにアレンジしたお菓子も多く存在します。
豆腐は大豆が原料なので、たんぱく質やマグネシウムも含まれています。
また、植物性たんぱく質はゆっくりと身体に吸収される特徴もあるので、腹持ちが良いのも嬉しいポイントですよね。

【豆腐感ゼロ】痩せる!濃厚なお豆腐チョコムース【豆腐スイーツ/低糖質スイーツ】

たんぱく質を摂れる間食として、

– プロテイン
– チーズ
– ヨーグルト
– 豆乳ドリンク
– 豆腐スイーツ

などもおすすめです。

甘塩っぱいお菓子は塩分を感じにくい傾向があります。
しょっぱさをそんなに感じなくても、塩分が高い場合があるので味付けにも目を向けましょう。

まとめ


いかがでしたでしょうか?
最後にこの記事のおさらいです!

– 砂糖がたくさん入ったお菓子などの糖質の多いものを食べると、血液中のブドウ糖の量を表す血糖値が高くなる
– 血糖値が高くなると、血液に栄養や酸素を身体の隅々にスムーズに送るために、身体は血液をサラサラにしようと水分を多く送り込んで血液量が増えてその結果、血圧が高くなる
– 砂糖の入った血糖値の高い食べ物が原因で血糖値や血圧が上がり、血管がもろくなると動脈硬化になりやすくなる
– どうしても甘いものを食べたい!というときはバナナを代わりに食べるのもおすすめ
– 高血圧の人の間食ではカロリーだけでなく糖質量をチェックする必要がある
– 間食ではたんぱく質やビタミン・ミネラルを補えるものが理想的
– 豆腐を原料にしたスイーツはたんぱく質やマグネシウムを補うことができる
– 甘塩っぱいお菓子はしょっぱさをそんなに感じなくても、塩分が高い傾向があるので味付けにも気をつける必要がある

甘いものが好きな人にとっては、塩分や糖分の制限は辛いものですよね。
一気に辞めるのではなく、ルールを決めたり、原料や成分をチェックして自分に合うものを取入れることで食事制限が続けやすくなる場合があります。

是非、知識量ややり方を増やして取り組んでみてくださいね!

高血圧の対策!チョコレートを食べる量はどれぐらいがいいの?

「血圧が高めだから、チョコレートを間食に選びたいけれどどれぐらい食べれば良いの?」
「ダイエット中だからチョコレートの脂質が気になる・・・。カロリーオーバーにはならないの?」

カカオ成分70%以上のチョコレートには、ココアポリフェノールが豊富に含まれ、血圧の高めな人の間食にぴったりです。
しかし、チョコレートは脂質が高く、カロリーもそれなりにあります。

身体に良いからといって沢山食べるのではなく、適量を押さえて効果的に活用しましょう!

チョコレートの選び方や食べるタイミングについてはこちらの記事で紹介しているのでチェックしてみてくださいね。

高血圧対策のおやつにチョコレートがおすすめの理由

チョコレートを摂るメリットや効果


チョコレートにはカカオポリフェノールが含まれています。
ポリフェノールは緑茶やコーヒーにも含まれている抗酸化物質です。

その中でも、カカオポリフェノールはココアやチョコレートなどのカカオ豆を原料にした食べ物に含まれています。
カカオ豆をそのまま使うことのできる食べ物は、ポリフェノールの含有量が多いという特徴もありますよ!
カカオポリフェノールが吸収された後に血中に行き渡ると、血管の炎症を抑えて血行の改善に効果が期待されます。

動脈硬化の予防にも繋がる成分なので、チョコレートは高血圧対策したい人には特にメリットの多い食べ物であることがわかります。

【LDL&血圧】チョコレートの凄すぎる5つの健康効果

チョコレートはどれぐらい摂れば良いの?


健康目的で摂取する場合でもあくまでおやつ(間食)の位置付けで摂取するようにしましょう。

一般的な板チョコのカロリーは大体300kcalほど。
活動量の少ない成人男性の1日の摂取カロリーは2,000kcalで、おやつで摂取するカロリーの目安は1日の摂取カロリーの内の10%なので、1枚まるごと食べるとカロリーオーバーになりがちです。

また、この目安はあくまでおやつで摂取するカロリーの上限なので、必ず1日の摂取カロリーのうちの10%をおやつで摂ることをおすすめしているものではありませんよ!

また、脂質が多い食べ物なので、食事制限中の人はカロリーだけでなく脂質量が上回らないように気をつけましょう。

チョコレートはカカオ成分70%以上のものを選んでいるのを前提として、1日約25グラムが目安です。
板チョコ1枚が約50グラム程度なので、半分ぐらいの量までにして食べ過ぎないようにしましょう。

【血糖値測定】チョコレート効果3種類をそれぞれ1箱一気に食べて血糖値測定!衝撃の結果!

まとめ


いかがでしたでしょうか?
最後にこの記事のおさらいです!

– チョコレートに含まれるカカオポリフェノールはカカオ豆に含まれる抗酸化物質
– 血管の炎症を抑えて、血の流れを改善する効果が期待されている
– 原材料名の先頭にカカオマスが入っているチョコレートはカカオ成分が豊富に含まれている
– カカオ成分が70%以上含まれているものが、カカオポリフェノール配合量が高い
– チョコレートは脂質が多い食べ物なので、ダイエット中の人は特に食べ過ぎに気をつける必要がある
– おやつの摂取するカロリーの目安は1日の摂取カロリーの全体量の10%が目安で、活動量の少ない男性(1日摂取カロリー2,000kcal)が板チョコを間食に1枚食べるとカロリーオーバーになってしまう
– カカオ成分70%以上のチョコレートを1日25グラムまでを目安に食べ過ぎを防ぐ

血圧が気になる人の間食にぴったりな高カカオのチョコレート。
カロリーが高く、脂質が多いという特徴をよく理解して、効果的に摂取しましょう!

健康診断の結果が気になる方で奈良のパーソナルトレーニングジムをお探しならぜひ。

高血圧対策にチョコレートを食べるときにおすすめの時間帯は?

「高血圧対策のためにチョコレートを間食にしたいと思うけれど、いつ食べればよいかわからない?」
「太りやすいタイミングはあるの?」

血圧が気になる人にもおすすめのチョコレート。
この記事では効果的に摂取するためにおすすめの時間帯についてご紹介します。

チョコレートを摂るメリット


チョコレートにはカカオポリフェノールが含まれています。
ポリフェノールは緑茶やコーヒーにも含まれている抗酸化物質です。

その中でも、カカオポリフェノールはココアやチョコレートなどのカカオ豆を原料にした食べ物に含まれています。
カカオ豆をそのまま使うことのできる食べ物は、ポリフェノールの含有量が多いという特徴もありますよ!
カカオポリフェノールが吸収された後に血中に行き渡ると、血管の炎症を抑えて血行の改善に効果が期待されます。

動脈硬化の予防にも繋がる成分なので、チョコレートは高血圧対策したい人には特にメリットの多い食べ物であることがわかります。

【LDL&血圧】チョコレートの凄すぎる5つの健康効果

こちらの記事ではチョコレートの選び方や注意点についても解説しています。
是非チェックしてみてくださいね。

高血圧対策のおやつにチョコレートがおすすめの理由

おすすめのタイミング


チョコレートは基本的に脂質が高く、カロリーも高め。
食べるなら脂肪に変わりにくい時間に摂りたいですよね。

ここからはチョコレートを摂るおすすめの時間帯をご紹介します。

おやつで食べるなら14時から


私たちの身体には時計遺伝子という、体内時計を司る遺伝子があります。
その中にはビーマルワン(BMAL1)と呼ばれる脂肪を合成する働きを促進させるものがあります。

このビーマルワンが1日のうちで減っている時間帯を狙うと、脂肪に変わりにくくなりますよ!
ビーマルワンが最も減っているのは14時から15時のタイミングで、最も活発なのは22時以降。
一般的に、夜にお菓子を食べると太りやすいと言われている原因のひとつなので、この時間帯は避けておいた方が無難です。

また、夕方の時間帯よりも食べたエネルギーを消費しやすい日中に食べるのがおすすめです。

おやつは食後に


ビーマルワンが減っているからといって、昼食を抜いてチョコレートを食べるのはおすすめできません。

基本は朝昼夕の食事です。
この食事の間に食べるのが間食で、3回の食事で摂りにくい栄養を補助し、1日で摂取する栄養バランスを整えるのが本来の間食の目的です。

また、空腹状態でいきなりチョコレートを食べると血糖値が急上昇してしまい、肥満のリスクが高くなってしまいますよ!

甘いものを食べても太らない時間について説明します!【糖質制限ダイエット】

まとめ


いかがでしたでしょうか?
最後にこの記事のおさらいです!

– チョコレートに含まれるカカオポリフェノールはカカオ豆に含まれる抗酸化物質
– 血管の炎症を抑えて、血の流れを改善する効果が期待されている
– 身体には体内時計を司る時計遺伝子があり、ビーマルワンは脂肪合成を促進させる時計遺伝子である
– ビーマルワンが最も減っている14時から15時の時間におやつを食べると脂肪に変わりにくい
– ビーマルワンが活発なのは22時以降なので、このタイミングはお菓子を食べること自体避けた方が無難
– ビーマルワンが減っている時間だからといって、昼食を抜いていきなりチョコレートを食べるのは逆効果
– 空腹状態でチョコレートを食べると血糖値が急上昇して肥満のリスクが高くなる

せっかくならば、脂肪に変わりにくい時間を狙って食べたいですよね。
ダイエットにも取り組んでいる人は是非、食べる時間を検討してみてくださいね。

高血圧対策のおやつにチョコレートがおすすめの理由

「チョコレートが高血圧対策になるの?」
「普通のお菓子では効果が無いの?」

高血圧が気になる人におすすめの間食「チョコレート」についてご紹介します。
どこでも手に入るお菓子だからこそ、食べるタイミングや選び方が重要です。

この記事ではうまく活用するためのポイントについても解説します。

チョコレートにぴったりのコーヒーについてはこちらの記事でも紹介しているので、是非併せてチェックしてみてくださいね。

高血圧対策に効果が期待出来るコーヒーの成分とは

チョコレートを摂るメリットや効果


チョコレートにはカカオポリフェノールが含まれています。
ポリフェノールは緑茶やコーヒーにも含まれている抗酸化物質です。

その中でも、カカオポリフェノールはココアやチョコレートなどのカカオ豆を原料にした食べ物に含まれています。
カカオ豆をそのまま使うことのできる食べ物は、ポリフェノールの含有量が多いという特徴もありますよ!
カカオポリフェノールが吸収された後に血中に行き渡ると、血管の炎症を抑えて血行の改善に効果が期待されます。

動脈硬化の予防にも繋がる成分なので、チョコレートは高血圧対策したい人には特にメリットの多い食べ物であることがわかります。

【LDL&血圧】チョコレートの凄すぎる5つの健康効果

チョコレートの選び方や食べるタイミング


チョコレートは代表的なお菓子ですが、健康目的で接種する場合は選び方や食べ方に気をつける必要がありますよ!

選び方は次のことに意識しましょう。

– 原材料名にカカオマスが最初に並んでいるもの
– カカオ成分が70%以上配合されているもの

原材料名は、成分が多く含まれているもの順に表示されます。
チョコレートを手に取って最初に砂糖が並んでいると、カカオ成分よりも砂糖の方が多く含まれているということになります。

また、カカオポリフェノールが高配合されているチョコレートを選ぶには、カカオ成分70%以上のビターチョコレートを選ぶと良いでしょう。
成分のパーセンテージが高ければ高いほど、苦味が増すのでお好みの風味のものを選びましょう。

注意点

チョコレートは脂質の高い食べ物であるという特性を踏まえて接種する必要がありますよ!
脂質の高い食べ物は摂取カロリーも高めなので、ダイエット中の人は気をつけましょう。
また、食べ過ぎると肌荒れの原因にもなりますよ!

食べる量はカカオ成分70%以上含まれているチョコレートを25gほどで十分。
健康目的でチョコレートを食べるときは、15時までの間食のタイミングがおすすめです。

脂肪を合成する遺伝子の活動は15時以降に活発になります。
チョコレートを食べるならば、脂肪に変わりにくい時間を選びましょう。

なに?食べても太り食い時間がある!?「ビーマル1の働き」

まとめ


いかがでしたでしょうか?
最後にこの記事のおさらいです!

– チョコレートに含まれるカカオポリフェノールはカカオ豆に含まれる抗酸化物質
– 血管の炎症を抑えて、血の流れを改善する効果が期待されている
– 原材料名の先頭にカカオマスが入っているチョコレートはカカオ成分が豊富に含まれている
– カカオ成分が70%以上含まれているものが、カカオポリフェノール配合量が高い
– チョコレートは脂質が多い食べ物なので、ダイエット中の人は特に食べ過ぎに気をつける必要がある
– 食べる量はカカオ成分70%以上のものを一日25gほど
– 食べるタイミングは脂質が合成されにくい15時までがおすすめ

スーパーやコンビニなどでも手に入る身近なお菓子のチョコレート。
是非、上手に活用して高血圧対策にお役立てくださいね。

高血圧の対策にバナナがおすすめの理由

「高血圧の対策に、おすすめの果物は?」
「毎日摂れる手軽な食材で高血圧対策がしたい!」

今回は、高血圧の人におすすめの食材「バナナ」についてご紹介します。

バナナがおすすめの理由


バナナが高血圧対策におすすめできる理由にはバナナの成分に注目するとわかりやすいでしょう。
ここからはバナナに含まれる主な栄養成分について解説します。

バナナの主な栄養成分

– カリウム
– GABA
– 食物線維

他にもビタミンB群やミネラル、ポリフェノールやトリプトファンなどの栄養成分がバナナに含まれていますが、高血圧に特に関連のあるカリウムやGABAが豊富であることが大きなポイントです。

【雑学】簡単!朝食バナナ:高血圧と血糖値対策で長生き!?

カリウムとは


カリウムはナトリウムを体外に排出する働きのある栄養素です。
カリウムとナトリウムは身体の浸透圧に関与しており、身体の酸性・アルカリ性のバランスや塩分の濃度、神経伝達や心臓や筋肉の機能の調節などの働きがあります。

その中でもカリウムは腎臓でナトリウムが再吸収されるのを抑えて、余分なナトリウムを尿として排出する働きがあるので、血圧を下げる効果があります。

カリウムは野菜や海藻に豊富に含まれていますが、カリウムは熱に弱く、ゆでたり焼いたりする加熱調理でカリウムは減ってしまいます。

その点、バナナは加熱せずに生で食べることができるので、栄養の減少の心配がいらないのもメリットのひとつです。

カリウムの摂りすぎには気をつけて!

どんな栄養素でも、過剰摂取には気をつけましょう。
カリウムの量は腎臓で血中濃度が保たれています。

腎機能に問題がない人でカリウム補給のサプリメントを使用していない限りは過剰症になるリスクは少ないものの、腎臓の機能に問題がある人は腎臓でうまくカリウムが調整できずに高カリウム血症になるリスクがあるので過剰摂取に気をつけましょう。

GABAとは


また、バナナのうまみ成分に含まれるGABAは血圧を抑える成分です。

GABAには興奮状態を抑える働きがあるので、抗ストレスや血圧の降下をもたらしてくれます。
緊張状態や寒さ・暑さなどのストレスがある際に血管を収縮させる神経伝達物質の分泌をGABAが抑え、血管の収縮状態から和らげて血圧の流れを改善する効果があるので、結果として血圧が下がります。

血圧が高めの方だけでなく、ストレスを感じやすい人にもおすすめの栄養素で、バナナの他には発芽玄米や発酵食品にも豊富に含まれています。

ストレスに負けない体をつくる「GABA」の働きと含まれる食べ物

まとめ

いかがでしたでしょうか?
最後にこの記事のおさらいです!

– バナナにはカリウムやGABA、食物線維などの栄養成分が含まれている
– 他にもビタミンB群やミネラル、トリプトファンなどの栄養成分がバナナに含まれている
– カリウムはナトリウムの再吸収を防ぎ、尿中に排出する働きがあるので血圧を下げる効果がある
– 熱に弱い特性があるので、生で食べられるバナナはカリウムを減少させずに身体に摂取することができる
– カリウムは腎臓の機能に問題がなく、カリウムのサプリメントを摂っていない限りは過剰症のリスクは低い
– 腎臓の機能に問題がある場合は高カリウム血症を引き起こす場合があるので、摂りすぎに気をつける必要がある
– GABAは興奮状態を抑える働きがある
– 緊張やストレスで収縮した血管を緩めて血の流れを改善する栄養素なので、血圧が高めの人だけでなく、ストレスを感じている人にもおすすめの栄養素

バナナには、高血圧対策におすすめの栄養成分が豊富に含まれています。
スーパーや果物屋だけでなく、最近はコンビニでも手に入るので積極的に摂ってみてくださいね。
もちろん、オーバーカロリーにならないように一日のエネルギー摂取量の範囲内で間食やデザートに少しずつ食べるようにしましょう。

ブレイクタイムに欠かせないコーヒーと高血圧についてはこちらの記事でチェックできます。

高血圧対策に効果が期待出来るコーヒーの成分とは

高血圧の人はコーヒーを飲むのはダメ?

「血圧が高い人はコーヒーを飲み過ぎたら、さらに悪化してしまうの?」

今回は高血圧の人がコーヒーを飲むと本当に血圧が高くなるのか、そのように言われている理由を解説しながら、1日何杯までならコーヒーが飲めるのか、おすすめの飲み方についてもご紹介します。

コーヒーが高血圧の原因になるといわれている理由


結論から言うと、コーヒーだけが原因で高血圧になることは、よっぽど飲み過ぎない限り考えにくいでしょう。

コーヒーに飲み慣れていない人や、久しぶりにコーヒーを飲むという場合には若干血圧か上昇することが稀にあるようです。
これらのケースで起こる血圧の上昇は数時間で元に戻ることがほとんどです。

寧ろ、最近の研究結果によると1日に習慣的にコーヒーを飲む人は、コーヒーを飲む習慣のない人に比べて高血圧のリスクが下がるという報告があります。
これには、コーヒーに含まれるクロロゲン酸(ポリフェノール)が作用していることが関係しています。

しかしながら、コーヒーの摂取が血圧上昇に繋がると言われる理由には「カフェイン」の関係がありますよ!

カフェインと高血圧の関係

カフェインが体内に取り込まれると、血液の中のアドレナリンの濃度が上がり、急激な血圧上昇が見られます。
そのため、高血圧と診断された人はカフェイン摂取に注意が必要です。

よく、「大量のカフェインを摂っても眠れるから大丈夫」と言う人もいますが、眠れるか眠れないかだけでなく、高血圧、さらには心臓にも影響があるので摂取量には気を配る昼用がありますよ!

【高血圧】血圧を下げる最強の飲み物3選

コーヒーは何杯までなら飲んで良いの?


また、成人を迎えた健康な人では1日のカフェイン摂取量は最大400mgまでとされており、この数値は体格や年齢にも異なります。
コップ1杯(約140ml)のコーヒーに含まれるカフェインの量は約84mgなので、成人ではコーヒーは1日にコップ3杯分程度が妥当とも言えます。

コーヒー=カフェインと関連付けられやすいのですが、清涼飲料やお菓子、栄養ドリンクにも多く含まれているので、コーヒーだけでなく、口に入れるものにも注目してみましょう。

おすすめの血圧が上がりにくいコーヒーの飲み方


前述より、コーヒーは成人した健康な人であれば1日3杯程度が目安と言えます。
ここからは血圧の高い人におすすめな、コーヒーと相性の良い食べ物をご紹介します。

・バナナ

バナナにはカリウムという血液の中の余分な塩分を排出する働きがあります。
これにコーヒーが含む利尿作用によって血圧の上昇を防ぐことに期待されています。

甘みもあって、ほどよい腹持ちがある上に食物繊維も摂ることが出来るので特におすすめの組み合わせです。

・ナッツ

こちらは、ダイエット中の方には特におすすめです。
コーヒーのカフェインが脂肪燃焼を促進する作用があり、ナッツの持つアルギニンにも脂肪の分解を助ける働きがあります。

血圧をさげるために、軽い運動をされている方は運動前にコーヒー+ナッツを摂ると良いでしょう。
しかし、ナッツには脂質も多く含まれているので、食べ過ぎないこと、食塩無添加のものを選んでくださいね。

・ヨーグルト


こちらも、ダイエット中の人に特におすすめの食べ合わせです。
一見すると「合うの?」と思われるかもしれませんが、ベトナムには「ヨーグルトコーヒー」というスイーツが存在しますよ!

この組み合わせは、ヨーグルトの整腸作用とコーヒーのカフェインが持つ脂肪燃焼効果を期待するものです。
お通じが気になる人は是非試してみてくださいね。
※分量が多いと、下痢の原因になりますので注意しましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
最後にこの記事のおさらいです。

・コーヒーは飲み過ぎなければ血圧上昇の直接的な原因にはならない
・コーヒーのクロロゲン酸が血圧を下げると言われている
・成人を迎えた健康な人の場合の1日の最大のコーヒー摂取量はコップ3杯程度
・おすすめの食べ合わせは「バナナ・ナッツ・ヨーグルト」

仕事中はコーヒーを飲みたい!と言う人は、大好きなコーヒーまで制限されたらどうしよう・・・と心配になりますよね。

是非、コーヒーとの付き合い方を押さえて、コーヒーブレイクを楽しんでみてくださいね。